ホーム > 永井社長のひとり言

永井社長のひとり言

14歳の挑戦!(速星中学校)最終日

 今週始まった14歳の挑戦!もいよいよ最終日。

 

今日は、最後の課題の”ペン立て”の作成に入りました。

 

 

まずは、材料となる、透明のガラスや鏡を切断します。

最初はこれが難しい!

    P1020702-2.JPG  

       自分で切ったガラスをサンダーで研磨します。P1020710-2.JPG

 

 P1020716-2.JPG 

特殊な両面テープで形を作ったあと、シリコンシーラントと塗布して補強します。

 

 

そして出来たのが、透明ガラスバージョンと鏡バージョンのペン立て。

なかなか良い出来栄えです!

 

P1020723-2.JPG
P1020724-2.JPG

 

 

            P1020719-2.JPG

 

   P1020720-2.JPG   P1020725-2.JPG

思っていたよりうまくできたようで、満足気な若人だち(^^

 

暑い中大変だったけど、5日間色々な経験を積んでくれました。

子どもたちにとって、何かの変化のきっかけになれば良いですね。

 

1週間の全ての工程を終え、最後は感謝の言葉を述べ、きちんと挨拶をして帰っていきました。

 

子どもたちをお預かりするのは、当社にとっても貴重な体験となっています。

子どもたち、保護者の皆様、学校の先生方には心より感謝申し上げます!

 

 

     P1020726-2.JPG

     5日間指導してくれた、山崎部長と

 

 

 

コメントする




ページトップに戻る

代表取締役社長 永井秀宗

1962年 富山県出身の両親のもと、東京都に生まれる。3人兄弟の真ん中。
東京の私立大学を卒業後、単身アメリカに渡る。ロサンゼルス郊外の大学院でMBA課程を修了。当時バブル景気で華やいでいた日本には帰国せず、そのまま現地で就職。ケンタッキー州のトヨタ工場付近の豊田通商アメリカに入社し、工作機械や自動車部品の輸出入を手がける。
1995年帰国し、現在の寿板硝子株式会社に入社。

富山の社長.tv:

カテゴリ

窓の修理・交換はこちら
お問い合わせフォームへ
無料見積もりフォームへ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル:0120-67-5102
FAX用 申込用紙(PDF)