ホーム > 会社情報(代表者あいさつ) > 理念・沿革

理念・沿革

創業以来、お客様と共に歩んできました。「感謝」を忘れず、「信頼」を大切に!
企業理念 住環境の向上と環境の為に貢献する 窓から地球環境を考える
沿 革
西 暦 沿 革 世の中の出来事
1914年(大正3) 石原硝子店として創業 第一次世界大戦勃発
1929年(昭和4) 日米板硝子株式会社(現・日本板硝子株式会社)と全国第一号の特約店として直接取引きを開始
富山市堤町通りに改築移転
世界大恐慌
1931年(昭和6) 旭硝子(株)と特約店契約締結
(後に堀江硝子株式会社に特約店契約を譲渡)
 
1939年(昭和14) 当時番頭であった永井正一が経営者として営業一切を継承 第二次世界大戦勃発
1940年(昭和15) 番頭格の堀江政雄が独立し、硝子店を開業
(後の堀江硝子株式会社)
日独伊三国同盟締結
1945年(昭和20) 戦後の灰燼から店舗及び倉庫を建設 第二次世界大戦終戦
1947年(昭和22) 会社を法人化、社名を石原硝子株式会社とする
初代社長は永井正一が就任
日本国憲法施行
1951年(昭和26) 富山市総曲輪に家具部として「柳堂」を設立 サンフランシスコ講和条約・日米安全保障条約締結
1952年(昭和27) 寿板硝子販売株式会社に社名変更 映画「禁じられた遊び」「ライムライト」「真昼の決闘」等が製作上映
1953年(昭和28) 東京新宿に化成部を開設し三菱レイヨン(株)の代理店となる(東亜レジン株式会社の前身)
社屋を富山市西町に新築移転
10円硬貨・新百円札発行
1956年(昭和31) 柳堂家具部を閉鎖し、営業譲渡 日ソ国交回復・第二次中東戦争
1966年(昭和41) 三協アルミニウム工業(株)と特約店契約締結 いざなぎ景気、ビートルズ来日
1968年(昭和43) 富山市春日町(現・太郎丸)843に新社屋を新築移転 三億円事件発生
1974年(昭和49) 高岡市早川に高岡店を開設 元日本兵・小野田寛郎少尉30年ぶりに救出
1998年(平成10) 富山市婦中町増田に新社屋完成、本社を移転 長野オリンピック開催
2002年(平成14) 高岡店を閉鎖、本社へ統合 小柴昌俊・田中耕一にノーベル賞
2007年(平成19) 設立60周年を記念し、社名を「寿板硝子株式会社」に改称 建築基準法の改正

ページトップに戻る