ホーム > 永井社長のひとり言

永井社長のひとり言

 さて、年末年始をはさみ、話が飛んでしまいましたが、北陸ひのまる会旅行に戻ります。

 

11月2日はどんよりとした天気の松島でしたが、翌朝は天気に恵まれ、ホテルから観る松島の日の出が素晴らしかった。

  DSC_0395-1.JPG

              DSC_0402.JPG

仲間は温泉につかりながら、ご来光を眺めてたそうですが、私はカメラ片手に部屋で感動しておりました。

 

朝食を終え、一行は仙台へ向かいます。

本来、この時海岸通りを移動して、津波に被災した地域を確認する予定が、バスの運転手が間違えて高速道に乗ってしまった為、ガイドの話を聞きながら、遠目に状況確認するだけとなってしまいました。

幹線道路沿いは被災にあった事を全く感じさせない状態ではありましたが、海岸や裏道に抜けるとまだまだ映像で観たような風景が残るとの事でした。

 

さて、仙台に入り、青葉城へ。

ここは説明するまでも無く、伊達政宗公が築いた難攻不落の仙台城跡です。

歴史資料館でのビデオガイドが非常にわかりやすく、伊達そして、この城がいかに優れていたかがわかります。見学の際は資料館は押さえておいたほうが良いですね。

                              DSC_0437.JPG

伊達家の家系図もあり、正宗の長男が秀宗(私と同名)であることもしっかり再確認しておきました(^^

 

DSC_0433.JPG

正宗公とご対面

                        DSC_0428.JPG

 

 

正宗公と対面を果たした後は、福島県会津へ向かいます。

 

 

福島で向かった先は、史跡 若松城跡。 別名鶴ヶ城ともされています。  

 DSC_0453-1.JPGのサムネール画像のサムネール画像         DSC_0455.JPG

そうです、今年(2013年) NHK大河ドラマ 『八重の桜』 が始まりましたが、その舞台となるところですね。

新島八重が使用したのと同型の鉄砲(ライフル)のレプリカの展示をはじめ、いたる所で盛り上げておりました。

一足早くこの場を見させていただいたので、今年のドラマの今後の展開が楽しみです。

     DSC_0456.JPG

 

 

 

そういえば、仙台付近ではこんな表札がありましたっけ。

 

     DSC_0415-1.JPG 津波対策。 教訓ですね。

 

会津の宿では、実はサービスも悪くがっかりしていたのですが、聞くと福島の原発事故の為、観光地では風評被害で客が激減。

内陸部の宿では経営していく為にリストラをせざるを得なかったとの事。

一方で、沿岸部では、現在復興需要が出ており、工事関係者で宿は一杯になっているそうです。

 

こんなところにも、東北大震災の影響が出ているのですね。

 

 

 

 

 

| コメント(0)

 皆様 明けましておめでとうございます。 KIMG0731.JPG

本年もよろしくお願い致します。

 

昨年は、オリンピックイヤーでもあり、日本の選手らの活躍に沸く年でしたが、一方わが国の領土を脅かす近隣諸国との摩擦がクローズアップされた年でもありました。

 

大きな変化としては、諸外国のリーダーが代わった事が挙げられます。

北朝鮮が前年からの体制を固め、ロシアではプーチン大統領、中国は習国家主席、アメリカはオバマ氏が2期目の当選、韓国では朴氏が初の女性大統領に就任。

 

そして、何よりもわが国では、自民党が政権を奪還し、安倍晋三総理の誕生となりました。

各国のトップが替わった事で、今後の世界の流れにも変化が起きる可能性が出てきます。

 

安倍総理誕生により、株価が一気にあがり、円高傾向だった為替相場も円安が進みました。

 辰年は株価が上がる年と言われていましたが、年末に帳尻を合わせた格好となったわけです。

 

我々の建設業界でも、この政権が公共事業を拡大していく事を挙げている為、大きな期待が持たれています。

 

今年の初詣や各社の祈願祭に参加しますと、ここ数年では多くの人が出ていたように思うのは私だけでしょうか。

各企業様の新年の挨拶を見ていても、期待をもたれている事を感じます。

閉塞感の蔓延した雰囲気に少し明かりがさしてきた気が致します。

 もちろん、厳しい環境はまだまだ続くかと思いますが、これまでにない新年のスタートとなったと感じています。

 

当社と致しましても、気を緩めることなく、堅実に前に向かい、結果を出していく事が大切と考えております。

また、社員一人ひとりの為、またそのご家族の為、安全第一を心がけ、事故・災害の無い様作業して参ります。

 笑門来福、笑顔多き一年としていきたいと思います。

 

今年は巳年。

巳年は、新しく生まれる、新しい事が起きるという意味合いがあるそうです。

失われた20年がリセットされ、日本の景気、地方の経済が回復していく事を期待いたします。

 

最後になりましたが、皆々様のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

 

  KIMG0727-1.JPG

    

 

 

 

| コメント(0)

ページトップに戻る

代表取締役社長 永井秀宗

1962年 富山県出身の両親のもと、東京都に生まれる。3人兄弟の真ん中。
東京の私立大学を卒業後、単身アメリカに渡る。ロサンゼルス郊外の大学院でMBA課程を修了。当時バブル景気で華やいでいた日本には帰国せず、そのまま現地で就職。ケンタッキー州のトヨタ工場付近の豊田通商アメリカに入社し、工作機械や自動車部品の輸出入を手がける。
1995年帰国し、現在の寿板硝子株式会社に入社。

富山の社長.tv:

カテゴリ

窓の修理・交換はこちら
お問い合わせフォームへ
無料見積もりフォームへ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル:0120-67-5102
FAX用 申込用紙(PDF)