ホーム > 永井社長のひとり言

永井社長のひとり言

先日、といってもだいぶ前ですが。。。映画 「Railways 愛を伝えられない大人たちへ」 を観てきました。

        intro_i1.jpg

 

郷土の富山が舞台という事で、子供たちも連れて行ったのですが、内容的にはちょっと難しかったようです。

それでも、見た事のある風景がふんだんに盛り込まれているので、それなりに楽しんでくれたようでした。

 

映画の中でレッドアロー号という電車がでてきます。

これ、東京に在住の我々の世代にはかなり有名な電車なんですよね。

 

東京池袋から西武秩父駅(埼玉)をつなぐ西武池袋線(西武秩父線)が開通したのが1969年、その特急がレッドアロー号。

ちょうど小学校の頃で、遠足にいくのによく西武線をつかっていたのですが、特急には乗せてもらえない。

車体に赤いすじの通った、まぁ言わば、かっこいい憧れの電車だったわけです。

 

それが、90年代に新型車輌に変わって、古い車輌は富山地方鉄道へ払い下げられたというわけです。

     intro_i2.jpg

普段、富山にいても、地方鉄道に乗る機会が無かったので、映画の中でレッドアロー号がでてきて、やっぱり懐かしかったですね。

 

西武線のHPをみたら、昨年11月に今の新型車輌とは別に、初代レッドアロー号の塗装のものを走らせたそうです、その名も、レッドアロークラッシック(今でも走ってるのかな??)

 

これも、この映画の公開に合わせた企画なんでしょうね。

 

もし機会があれば、映画観てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0)

ページトップに戻る

代表取締役社長 永井秀宗

1962年 富山県出身の両親のもと、東京都に生まれる。3人兄弟の真ん中。
東京の私立大学を卒業後、単身アメリカに渡る。ロサンゼルス郊外の大学院でMBA課程を修了。当時バブル景気で華やいでいた日本には帰国せず、そのまま現地で就職。ケンタッキー州のトヨタ工場付近の豊田通商アメリカに入社し、工作機械や自動車部品の輸出入を手がける。
1995年帰国し、現在の寿板硝子株式会社に入社。

富山の社長.tv:

カテゴリ

最近のブログ記事

窓の修理・交換はこちら
お問い合わせフォームへ
無料見積もりフォームへ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル:0120-67-5102
FAX用 申込用紙(PDF)